過去の日々の記録

Quro『恋する小惑星』、芳文社「まんがタイムきららキャラット」、2017年~

『恋する小惑星』は「まんがタイムきららキャラット」に連載されている4コマ漫画だ。「小惑星」と書いて「アステロイド」と読ませる。

高校に進学した主人公「木ノ幡みら」は、進学したら天文部に入ろうと思っていた。幼い頃、キャンプで出会った男の子との約束を果たすために。たが、部活紹介パンフレットに天文部がない。そんな、去年まではあったはずなのに。実は天文部は地質研究会と合併し、地学部になっていたのだ。そこで出会った個性的なメンバーとともに楽しい日常を送る地学4コマ。地学ってなんなのか。男の子との約束はどうなるのか。ドキドキ☆ビジュアルな地学体験が君を包む。といった感じのあらすじだ。

天文だけでも成り立ちそうなのに、地質も取り込んだ欲張りな作品。それが『恋する小惑星』なのだ。

さらに、主人公が入部する地学部には興味の対象が地理で、しかも作品を読む限りその対象が人文地理寄りの登場人物がいる。「猪野舞」「猪瀬舞」である。

自然地理ならともかく人文地理と地学だと分野違わないか。なんでこの人は地学部にいるのか。この辺の話は単行本を読んでいただきたいが、この作品は地学だけに止まらず、地理にまで範囲を広げているのである。さらにそれに加え最近の連載分では気象も取り入れている。とはいえさすがに内容としては天文中心なのだけれども。

そんな欲張り4コマ『恋する小惑星』の単行本は3巻まで刊行されており、テレビアニメ化もされている。漫画でもアニメでもいいので一度触れてみてはいかがだろうか。

恋アス二次創作を描きました。