2020年10月

Movable Type導入2

相変わらずMovable Typeをいじいじしている日々である。

今日は「まぎりさくらの同人誌」のページをMovable Type化した。とはいえ打ったタグをそのまま出力しているところも多いので更新の手間はそんなに変わっていないような気がする。

システムの制限で「アンダースコア(_)」がURLに設定できない(やろうと思えばできるけどなんか面倒くさいし影響見切れないからやらない)ので、美学に反するもののURLが変更になりました。

この調子でどんどんコンテンツを復活させてアフィリエイトがっぽがっぽでいい暮らしがしたいなあと思っている。

いや、そんなに思っていない。

Movable Type導入

CMSを導入した。まずはトップページの最新5件から。最終的な整形とか過去ログはおいおい。

最初はとにかく簡単に日々の記録を投稿したり過去ログ送りにしたいという思いから、てがろぐというマイクロブログ作成CGIがいいかなあと思っていたのだけれど、残念ながらp要素に対応していない。何か記事を書くと、br要素で改行してしまうのだ。設置するところまでいったのだけれど、それでは美学に反するということで泣く泣く削除。続いて検討したのがみんな大好きWordPress。どっこい、WordPressはMySQLを使っているらしい。このサイトはさくらインターネットのライトプランで運営されているのだけれど、ライトプランではMySQLは提供されていないのだ。というわけでなんか動かした人が結構いるらしいMovable Typeを導入することになった。

デフォルトのテンプレートを極限まで削り、いままで使っていたCSSをそのまま適用させることに8割方成功したのでとりあえず今日のところはここまでにしてやろう。

Thinkpad X1 Carbon (2017) 入手

中古でノートパソコンを手に入れた。Thinkpad X1 Carbon (2017)である。

もともと欲しかったものではあったが、値段が値段だけに手が出せなかったものだが、今回、それなりに安く、スペックもそこそこの中古が出ていると知り手に入れた。

正直、今の自分の生活がどうなるというわけではない買物なのではあるが、サイトの更新が捗るといいなあという願いをこめつつ。

お金がある人は新品を買えばいいんじゃないかな。

アフィリエイトはじめました

Amazonアソシエイトを導入した。早速、昨日の記事をちょっと変えてアソシエイトリンクをぶっ込んでみた。

今後も何かを紹介するときには積極的にアソシエイトリンクをぶち込んでいこうと思う。

ただ、アソシエイトリンクを作るための記事だけは書かない。これは厳守していきたい。

また、アソシエイトリンクと昨日のTwitter埋め込みを実施した影響でHTML文書のDOCTYPE宣言をTransitionalに変更した。嘘はつきたくないので。

おすすめ商品です!

Quro『恋する小惑星』、芳文社「まんがタイムきららキャラット」、2017年~

『恋する小惑星』は「まんがタイムきららキャラット」に連載されている4コマ漫画だ。「小惑星」と書いて「アステロイド」と読ませる。

高校に進学した主人公「木ノ幡みら」は、進学したら天文部に入ろうと思っていた。幼い頃、キャンプで出会った男の子との約束を果たすために。たが、部活紹介パンフレットに天文部がない。そんな、去年まではあったはずなのに。実は天文部は地質研究会と合併し、地学部になっていたのだ。そこで出会った個性的なメンバーとともに楽しい日常を送る地学4コマ。地学ってなんなのか。男の子との約束はどうなるのか。ドキドキ☆ビジュアルな地学体験が君を包む。といった感じのあらすじだ。

天文だけでも成り立ちそうなのに、地質も取り込んだ欲張りな作品。それが『恋する小惑星』なのだ。

さらに、主人公が入部する地学部には興味の対象が地理で、しかも作品を読む限りその対象が人文地理寄りの登場人物がいる。「猪野舞」「猪瀬舞」である。

自然地理ならともかく人文地理と地学だと分野違わないか。なんでこの人は地学部にいるのか。この辺の話は単行本を読んでいただきたいが、この作品は地学だけに止まらず、地理にまで範囲を広げているのである。さらにそれに加え最近の連載分では気象も取り入れている。とはいえさすがに内容としては天文中心なのだけれども。

そんな欲張り4コマ『恋する小惑星』の単行本は3巻まで刊行されており、テレビアニメ化もされている。漫画でもアニメでもいいので一度触れてみてはいかがだろうか。

恋アス二次創作を描きました。

描けない

絵が描けない。

コロナウィルス感染症拡大防止のためとかいう、全国的なキャンペーンにより、あらゆる同人イベントが中止となっている。

絵が描けるのかと言われれば描けない方の人間なのだが、同人イベント合わせで漫画同人誌をいくつか出している。

同人イベント合わせで同人誌を描くときぐらいしか絵を描いてない。その同人イベントが中止になるとどうなるか。そう、絵を全く描かない人間の誕生である。

様々なコンテンツの消化だけは捗っていて、それによって目が肥えたのか、自分の描く絵に説得力がまるでない状態だ。

入院中に1枚ぐらい上げたいのだが、こんな有り様。どうしようかなあ。

入院

入院した。

病気持ちであり、今回は命にかかわるまでではないが、放って置くと命にかかわりかねない数値の悪化が確認されたので入院となった。

私が入院した病院は、コロナーのウィルス対策で面会が制限されており、入退院と手術の日の立ち会い以外は原則面会NGなんだそうな。

その代替策なのか、エレベーターホールと病棟エリアを隔てるガラス越しに顔をみながら携帯電話での通話が可能らしく、何人か見た。昔の空港の国際線で出国エリアとの間でこんなシステムがあったような気がする。今もあるのかは知らない。

こういう時に真っ当に人生を歩んでいる人はいいなあと思う。