2020年9月

日々の記録をはじめた

webサービス「note」はクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームだ。知り合いがnoteで文章を書いて投稿しているのを見て、私もやってみようかなと思う。

noteのアカウントを作ろうしたところで、よくよく考えると私は応援してもらうつもりはさらさらないし、応援されるような知名度もない。そもそも発信するならこの「まぎりさくら」があるじゃないか。

そんなことを思い立ち、発行した同人誌の更新ぐらいしかしていなかった当サイトを整理し、twitterのような気軽な内容というよりはもうちょっとかっちりとした文章を投げ込むスペースとした。整理といっても過去のコンテンツをコメントアウトしただけで、コンテンツ自体はURLさえわかっていればたどり着けるのだけれども。