手ブログログ 2008.9

2008.9.28

バシン見てたら、原画に「水戸アニメーション」という文字があった。地名+アニメーションと言えば、京アニみたいにすげぇところがやってんじゃねぇの? と思って検索してみた。

二つある。

普通なら、どちらかが途中で放棄されたものであると考えるところだが、両方とも2008年の更新がある

つまり、この二つは併存している。

んで、両方に存在している日記を読みつつ周辺情報を漁ってみたところ、次のことがわかった。以下、上のリンク先をライブドア版、下のリンク先をソネット版とする。

というわけで、相当ややこしいことになっているらしい。

とりあえず、ソネット版はライブドア版を意識しているものの、ライブドア版はソネット版を気にかけてはいないと思っていた。

しかし、最近の日記でそれも覆される。

ソネット版では、2007年10月15日付でライブドア版への不満を次のように漏らしている。

昨日、日曜日でヒサビッさでウチの会社の名前で検索してみたら偽モンつーか、こちらから配信してない非公式のばっかりでてきて困りました。 あのクロちゃんの絵さえ使わないでくれれば別にどうでもいいんだが、あれを勝手に書いていると著作件(ママ)で引っかかる感じがあり(略)

ソネット版を気にかけていないライブドア版は、何も反応しないと思っていた。しかし、2008年3月1日、半年の期間を経て、次のような文章が掲載された。

アニメの原画料・作画監督料も払わないまま倒産して180万円以上の赤字です。CSで『サイボーグクロちゃん』の再放送してるなら、債権者に金払えってんだ!

水戸アニメーション制作所は債権者なので、もしもホームページの『サイボーグクロちゃん』の版権をどうこう言ってくる輩がいるなら、その前に焦げ付いた作画料を支払え!

半年の時間差を持ってしても、更新頻度から考えると、ライブドア版もソネット版を意識してるよねこれ

いったいどうなってるんだろう、この二つのサイトは。一歩間違えると泥仕合。怖いね。ネット社会怖いね。

それはいいとして、とりあえず、ソネット版の日記の内容がやばい。ライブドア版の日記はなんとなく上から目線がムカツクだけなんだけど、ソネット版はそういう意味じゃなくやばい。相当やばい。これ広まったら干されかねないぐらいやばい。こんなこと書いちゃっていいの?ってぐらいやばい。消される前にご一読を。

2008.9.26

音速ライン「ポラリスの涙」が、すごくRAZZ MA TAZZっぽいなーって思った。検索したら、同じことを思っている人がいたんで、俺の感覚はまだ死んでない。

2008.9.19
経緯は省くがDSは借り物、ソフトは俺のモノ。
2008.9.4

(俺にとって)「渚のロブスター少女」でおなじみの あきさかあさひ先生が、ファミ通文庫ではなくメガミ文庫から『なりゆき! しゅがあ☆くらふと』という新作を出すそうです。

よかった。キミキスのノベライズ(アニメ準拠)をやり出したときにはもうついていけないかと思った。オリジナルならきっと大丈夫!

9月30日発売だそうなのでみんな買いましょー。

願わくばあのぐんにょりしたweb日記を再開して欲しいですね。「漫画描いてコミケ出ます!」って言い出してすぐに撤回したりとか。